GRACE Blog

Graceのスタッフが最近の気になるできごとを日々アップ。

T. Yaginuma

新宿痩身店

新宿痩身店よりみなさまの一日がちょっと明るくなるような素敵情報をお届けいたします♪ 

Archive : 2015年 8月

内臓型冷え性


前回の記事からだいぶ間が空いてしまいました、、、σ^_^;

前回の続きで、今日は「内臓型冷え性」のお話です。

内臓型冷え性とは、手足はあたたかいのに、内臓(お腹)が冷たいという冷え性のことを言います。

内臓が冷えてしまうと、内臓の機能が低下するだけでなく、免疫機能も低下してしまいます。

その為、善玉菌などの活動が妨げられ、胃腸の調子が悪くなる、といった症状になってしまいます。
また、体全体の免疫力が低下することによって、風邪をひきやすくなったり、アレルギーが起きやすくなります。

 

 

内臓が冷えてしまう原因として多いのが、冷暖房の使用です。

冷暖房の使用によって、体温調節を行う自律神経に異常がおき、手足の末端の血管が収縮できなくなります。

そのため、内臓に血液を集めることができず、内蔵が冷えてしまいます。。。

 

夏は特に、外の気温と室内の温度差が激しいので、自律神経に異常がおきやすく、

そこにストレスが加わることで、さらに自律神経の不調が悪化しやすくなります。

 

 

そんな内蔵型冷え性を改善するには、運動をするのが一番です。

 

熱を作るには、筋肉を動かす必要があるため、まずは体を動かすのが大切です。

 

また、内臓を元気にするには、食事のとり方も重要です!

サラダなどの生野菜は体を冷やすので、温かい汁物をプラスしてみたり、

タンパク質が不足しても体が冷えやすくなるので、たんぱく質の豊富な食事を心がけたり・・・☆

 

よく噛んで食べることも、胃腸の負担を減らし、消化を促進して動きがよくなるので大切なことです。

 

睡眠を十分にとることが必要です。

入浴時にシャワーだけでなく、湯船につかることも効果的です。
冷え性の方は熱いお湯に入りがちですが、お湯にゆっくりつかりましょう。

だんだんと肌寒いと感じる日も増えてきた今日この頃ですが、手足の冷えだけでなく、内臓の冷えにも気をつけていきたいですね!

 

 

 

水って素晴らしい!!


こんばんは( ´ ▽ ` )♡なんだか最近、秋の匂いがしてきましたね♡
もうそろそろ夏も終わりに近づいています( ´ー`)
ですが、まだまだ暑い日は続きます!              水分補給は充分にできているでしょうか?o(`ω´ )o

今日はお水について書かせて頂きます!!
皆さん、1日にどの位の水分を摂っていますか?
だいたいの方が、500〜1リットルと答える方が多いです。
本来は1日に約2ℓの水を飲むのがベストと言われています。

水はなるべく冷たすぎない温度(できれば常温)で飲みましょう。

1日に体重の4%の水を飲むのが効果的とされています。無理なく、少しずつ水を飲みましょう!

★水を飲むタイミング
起床時と食事の30分前に、コップ一杯(約200mℓ)の水を飲みます。

それ以外の時間は、少しずつ水を飲むようにして、1日で摂取する水の量が約2ℓになるようにします(回数を出来るだけ多く、量を小分けにして飲むと負担になりにくいです)。
★メリット
水ダイエットには利尿作用などによるデトックス効果・代謝UPに効果的です。

また、便秘の解消や食べ過ぎの予防にも効果が期待できます。水はノンカロリーで体に脂肪として残らないのでダイエット中も安心です。
★デトックス効果&代謝向上
細胞は水分を使って代謝しているので、水分を摂取することで基礎代謝が向上します。

さらに、血液やリンパの流れが改善されるので、老廃物が排出されて代謝UPにつながります。

体の中がキレイになり、代謝良くなることで、太りにくい体質を作れるのです。
★便秘の解消
便秘に悩む人は、水分の摂取で便に程よい水分がいきわたり、便通を改善する効果があります。

特に朝起きてからの一杯は、便秘の解消にとても効果があります。
朝コップ一杯の水を飲むと、睡眠中に失われた水分を補い、胃腸を刺激・活性化して、消化機能を高めることができるのです。
★毎食時には満腹感で食べ過ぎ防止
食事の前にコップ一杯の水を飲むと、一時的な満腹感を感じることで、過剰な食欲を落ち着かせる効果があります。

いやぁ〜水って素晴らしいですねぇ〜( ´ ▽ ` )
私も水は苦手なんですが、朝は必ず一杯のお水から飲むように心がけています!

残りわずかな夏を皆さん楽しみましょうね( ´ ▽ ` )♡