GRACE Blog

Graceのスタッフが最近の気になるできごとを日々アップ。

https://beautysalongrace.com/blog/wp-content/uploads/2018/12/------22.png

Y. Kazama

札幌中央脱毛店

GRACE札幌中央店の情報などお届けいたします☆☆  札幌中央脱毛店のご予約はこちら

Archive : 2019年 2月

季節の変わり目

LINEで送る

こんにちは☆

雪の多い北海道でも今週は少し暖かくなり、雪もだいぶ溶けてきました!(^-^)   そんな冬から春への季節の変わり目には体調を崩しやすい方も多いのでは? 今回は季節の変わり目を健康に乗り越えるために意識したい習慣をご紹介します。

1年の中で「季節の変わり目」と呼ばれる時期は、一般的に3~4月、6月~7月、9月~11月頃と言われます。この時期は風邪を引きやすかったり、なんとなく疲れが取れない・だるい・頭痛がするなど体調がすっきりしないと感じることが多いのではないでしょうか。

1.睡眠を6時間以上とる

しっかりと睡眠をとることで、脳細胞の疲労が回復します。

2.朝食をとる

朝食を食べると、朝は交感神経が優位になり、夜は副交感神経が活発になるというリズムを整えやすくなります。10分で食べられるような朝ごはんでもOK。おにぎり一個だけ、あるいはお湯で溶くだけの粉末・フリーズドライタイプのスープや味噌汁を飲んだり、バナナなどの果物、ヨーグルトでも良いですよ。

3.ブレインフードを食べる

脳を正常に働かせたり脳内物質を合成するビタミンB群、脳神経の発達や維持に欠かせないDHA・EPAは脳機能の低下を防ぎます。脳の調子を整えてくれる栄養素が豊富な「ブレインフード」、おすすめは「大豆製品」「青魚」「野菜やきのこ類」「乳製品」「くるみ」などです。これらをバランスよく摂りましょう。

4.ぬるめのお風呂に浸かる

人は体内の「深部体温」を一度上げてからその後下がることで眠気が起こります。安眠のためには寝る1~2時間前に38℃~40℃のぬるま湯に浸かると良いでしょう。

5.軽い運動をする

ウォーキングやストレッチなどの軽めの運動を20分以上続けると、「幸せホルモン」と言われているセロトニンが分泌されて心のバランスを整えてくれます。ジョギングなどの中強度の運動は脳の神経細胞が強くなるのでぜひ習慣にすると良いですよ。

季節の変わり目には忙しく過ごしてしまいがちですが、知らず知らずの内に自律神経の疲れが溜まってしまいます。バランスの良い食事・睡眠・運動を心がけ、脳と自律神経の疲れを回復させて季節の変わり目を乗り越えたいですね!(*^^*)

温泉!

LINEで送る

こんにちは☆

この間、お休みの日に一人でのんびり温泉に入ってきました!( ´ ▽ ` ) 友人ともたまに行くんですが、よく1人でフラッと思い付いて行ったりしてます。

いつも温泉に行くと自分の中でのルーティンがあるんですが、今回それをご紹介しますね!

しっかり水分を摂ってから、まずは軽く入浴して体を温め、次に岩盤浴にじっくり出たり入ったりして合計2時間くらい入り、汗をしっかりかいて、老廃物を出しきります。

オススメの岩盤浴の入り方は、中で軽くストレッチをしながら入るんです。これは体の温まり方も早いですし、汗も出ますし、体もほぐれて一石三鳥!!

そして最後はまた入浴をして、

スッキリサッパリ!!

前にこの入り方で2㎏落ちた事があります!

一応途中で休憩したり、軽く食べたりして無理のないようにはして下さいね。

そんなこんなで、お昼くらいに行って、帰ってきたのは夜の7時!のんびりしすぎました笑笑

でもとってもいいリフレッシュになりましたし、体もポカポカです(*´∀`*)

あーぁ、、家の近所にあれば毎日行くんだけどなぁ、、、。笑

是非やってみてください♪

寒波。。

LINEで送る

こんにちは☆

ここ最近の札幌は毎日雪が降っております。。。

今年は雪が少ないねー!とお客様と話してた矢先にどんどん積もってきて、やっぱりいつも通りの冬です。(笑)

明日は大寒波が来るとの事で、さすがに寒さに慣れている私たちでも、−10度以下は中々体験しない寒さですね。

今日もその前兆なのか、、防寒しててもかなり寒かったです(>_<)

こんな日は早めにお家に帰って、ゆっくりお風呂に浸かり、ぬくぬく温まるのが一番ですね(*´ー`*)

 

こんな寒い北海道ですが、寒さに負けず、元気に営業しておりますので皆様のご来店をお待ちしております☆\(^o^)/

スッキリお腹を手に入れる!

LINEで送る

こんにちは☆

今日は悩みの多い便秘について。少しでも解消してポッコリお腹を卒業しましょう!

1.食物繊維の多い食事を心がける

例えば、ひじきの煮物(1人前)には5.5g、玄米ご飯(茶碗1杯)には2.5gもの食物繊維が含まれています。1日18g以上を摂りましょう。

2.乳酸菌とオリゴ糖をとる

■乳酸菌

ヨーグルトなどの乳製品や味噌に多く、悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌のバランスを整えることで便通の改善に効果があります。

■オリゴ糖

乳酸菌のエサになるのが「オリゴ糖」。オリゴ糖は、ごぼう・玉ねぎ・にんにく・大豆・はちみつなどに多く含まれていて、腸の善玉菌増殖や腸内環境を整える役割があります。

3.水分を適度にとる

水分の摂取量が少ないと、水分の少ない硬い便になり、排泄が困難になります。1日1.5~2Lを目安にこまめに水分を摂りましょう。

4.規則正しい食事をする

1日3食、朝・昼・夕の食事をとりましょう。きちんと食べることでリズムができて、排泄しやすいカラダになります。

また朝の排便リズムを作ることも大切です。朝食後15分~30分後に毎日トイレに入る時間を作ると、排泄が習慣化され、気持ち良い一日のスタートになりますよ♪

是非試してみてください!